>>Top

レベル1
レベル2
レベル3
開催スケジュール
受講お申込
講師
受講生の声
Q&A
バッチフラワーレメディ バッチ国際教育プログラム バッチ財団登録プラクティショナー バッチセンター
biep
BIEP_voice

BIEP(バッチ国際教育プログラム)の受講生から寄せられた声

レベル1
38種類のバッチフラワーレメディを知ってゆく作業はボリュームがありましたが、より深く、また身近に感じられて良かったです。精神性の話なども共感でき、非常に有益でした。(対面2日間 30代 女性)

2日間というハードなスケジュールで、理解できるか不安もありましたが、意外とゆったりとした時間で、無理なく受講できました。(対面2日間 20代 女性)

1つの悩みや感情に対しても、その背景によって選ぶべきレメディが違うという事が、とても勉強になりました。(対面2日間 50代 女性)

本だけではよくわからなかった部分が明確になりました。そしてより良く使うためのポイントが授業の内容に沢山あった事がよかったです。(対面2日間 30代 男性)

今まで気がつかなかった自分の感情に触れることができて、驚いたり、楽しんだり、様々な体験がとても新鮮でした。 (対面2日間 40代 女性)

かなり楽しめたレベル1でした。レメディの大まかな内容を知ることができ、自分でも選べるようになったので良かった。初めての人にもわかりやすい内容でバッチフラワーを身近に感じることができました。(PTTコース 20代 女性)

自分を見つめる手段のひとつとして以前から使用していました。嫌な気分にさせること、モノ、人、などその原因が無くなるのではなく、それに対して感じていた自分の「負」の感情がプラスに転向するということを再認識できました。(PTTコース 30代 女性)

真の自分へ近づいていくことの「玉ねぎの皮」の例えや、バッチ博士の「消えない光」という哲学が、とても深く心に残っています。全日程を終えて、感情面から自分自身を見つめなおすことができて、充実感とやすらぎの気持ちでいっぱいです。 (PTTコース 50代 女性)

バッチフラワーレメディを飲んだことで、今まで知らなかった自分(無意識の自分)に出会うことができました。それによって、自分自身に対する認識や取り巻く世界観が変わったことを感じました。今後もこの世界を深めていくことで、まだ知り得ない楽しみや喜びに出会えることを期待したいです。(PTTコース 40代 女性)

自分自身に向き合えたことが一番勉強になりました。また、人間が本来持ち合わせる力(治す力)と自然力の融合が素晴らしいと思いました。 (PTTコース 30代 女性)

この勉強を始めたことで、自分自身と向き合うことが多くなり、悩んだりもしましたが、楽しかったです。他の人との会話でも以前より注意深くなったと思います。 (通信教育 20代 女性)

解説や講師のコメントがとてもわかりやすく、テキストだけでは理解できていなかったことがわかりました。家族にも興味を持ってもらえるようになり、とても嬉しかったです。(通信教育 30代 女性)

受講期間中、レメディを生活にとり入れながら実際に体験し、心も身体も身のまわりの環境も少しずつですが変化を感じることができ、とても楽しかったです。友人にも紹介したところ、とても喜んでくれてそれも嬉しかったです。(通信教育 40代 女性)

学んでいる期間、自分の感情も移り変わり、身をもって勉強できました。(通信教育 30代 女性)

以前からレメディを使用していましたが、知識に偏りがあり、あまり有効に使うことができていませんでしたが、今回体系的に学べたことと、より詳しくバッチ博士の哲学に触れることができ、いっそうバッチフラワーに愛着がわきました。(通信教育 30代 男性)

レベル2
グループワークでの実習が、今までに体験したことのない形で本当に役立ちました。新鮮でした。(40代 女性)

いくつか勘違いをしていたレメディがあった事に気づき、それまでまったくそのことに気づいていなかったので、レベル2を受講してよかったです。(20代 女性)

感情を見つめ、今どう感じているかにフォーカスする事の大切さと、バッチ博士の哲学について更に深く学ぶことができました。あっという間の2日間でした。(30代 女性)

レベル1を終えた時点ではまだ自信がありませんでしたが、レベル2で1つ1つのレメディついて更に詳しく深く理解し、レメディを選ぶときの視点が変わりました。(20代 女性)

身近な人のためにバッチフラワーレメディを選ぶことに、まだ自信がありませんでしたが、今回のレベル2を受講して更に理解が深まり、受講前より少し確信をもって選べるようになった気がします。(30代 女性)

受け身だったレベル1に比べ、実践的で立体的な経験ができ、より具体的にレメディをイメージできるようになりました。(50代 女性)

類似していて判断に迷うレメディの比較で曖昧だった部分が確認でき、また、先入観を持ってレメディを選んでいたことに気づくことができよかったです。(40代 女性)

グループワークに自信がもてなかったのですが、実際に参加してみると、他の方の率直な意見が聞けて、とても自分のためになりました。 (30代 女性)

感情を言葉で表現する難しさを改めて感じましたが、グループワークがとても勉強になりました。 (30代 女性)

授業についていけなかったらどうしようと不安もありつつの受講でしたが、そんな事は気にならず、楽しく学ぶことができました。(40代 女性)

様々な違った角度からレメディをみる方法は、日頃の考え方の表裏や背景にある感情などを考える訓練になりました。(30代 女性)

自分を知る上で、こんな面もあるのでは?と新しい見方を発見したこと。
実習でお互いの内面について話す機会があり、自分をオープンにできたことが 素晴らしい体験でした。(40代 男性)

これまでは自分に対して偏ったレメディばかり選んでいたので、飲んだことのないレメディのことがよくわかった。グループワークでは、自分が思っていたのと違うレメディを選ばれることもあったので、自分のフィルターを通して見てはいけない、ということがとてもよくわかりました。(30代 女性)

レベル3
全てのワークが役に立ちましたが、設定を決めて行なったコンサルテーションが難しくもあり勉強になりました。「傾聴」することを実際のコンサルテーションだけでなく、日常のコミュニケーションにも活かしていきたいと思います。(30代 女性)

受講してみて、自分を見つめ直す必要があるとわかりよかったと思います。また、事前にプラクティショナーのコンサルテーションを受けたことが本当に役立ちました。その時感じた心地よさの理由が、プログラムを受講してよくわかりました。自分でもできるようにスキルをみがこうと思います。(40代 女性)

コンサルテーションのワークで、自分の感情を入れずに、相手の話を正確に聴くことがどれほど難しく、しかし大切であるかを身にしみて感じました。(50代 女性)

受講して、レメディを選択する際に、選ぶレメディ数が少なくなりました。自然に絞り込めるようになったのを実感しています。(40代 男性)

ロールプレイの時、色々な感情が湧き上がってきました。プラスの指標に目を向けることで、もっともっと人を好きになれそうです。(20代 女性)

 

画像・情報等の無断転載・使用はご遠慮下さい。   Copyright バッチホリスティック研究会 All rights reserved.