>>Top

レベル1
レベル2
レベル3
開催スケジュール
受講お申込
講師
受講生の声
Q&A
バッチフラワーレメディ バッチ国際教育プログラム バッチ財団登録プラクティショナー バッチセンター

biep

bieprogo

バッチ国際教育プログラム(BIEP)は、バッチフラワーレメディTM について、バッチ博士から直接継承されてきたものを、体系的に学ぶことを目的としたものです。

レベル1から3まで修了すると、バッチ財団登録プラクティショナー(Bach Foundation Resistered Practitioner)として、英国バッチセンターに国際登録することのできる世界共通の教育コースです。
現在世界の20ヶ国でバッチ国際教育プログラムが開催され、およそ30数ヶ国で、このコースを修了したバッチフラワーのプラクティショナーが活躍しています。
日本では当バッチホリスティック研究会のみが開催を認可されており、東京(世田谷会場)を始め全国でコースを開催しています。

この教育プログラムは、バッチ財団(Dr.E.Bach Foundation 英国バッチセンターの教育担当の財団)と.ネルソン社【A.Nelson & Co.Ltd.】(バッチフラワーレメディの教育・ボトリング・販売を受け持つ会社)の共同プロジェクトによって、行われており、英国以外の各国のプログラムについても、常時英国の監督のもと、同じカリキュラムで実施されています。
ひとつのレベルを修了するごとに、BIEPより修了証が発行されます。
全コースを修了した方は希望すればプラクティショナーとして国際登録の申請をする事ができます。

 

各種学校、施設での授業や研修、地域のグループなどでバッチフラワーを学ぶ

バッチホリスティック研究会では、バッチ国際教育プログラムを定期的に開催している地域以外でも、受講希望者数が実施人数以上集まっているグループや施設、学校などに対して、認定講師を派遣し、バッチ国際教育プログラムを開催することができます。
受講者には世界共通の修了書が授与されます。

10名以上受講希望者が集まっている施設や団体などで開催をご希望の方は、こちらまでお問い合わせください。
また、各種学校・スクール等のカリキュラムとしてバッチ国際教育プログラムを導入されたい場合もご相談ください。


バッチフラワーを学ぶと何ができるのか?

医療や福祉の分野での対人援助職を目指す方は、自分がまずよい精神状態でいることが大切だと言われますが、精神的なストレスに、自分をケアできるシンプルな方法に、80年の歴史がある英国生まれのバッチフラワーレメディがあり、現在、日本国内でも一部医療機関で使われ、大学や専門学校などの授業にも取り入れられています。

他者への援助のツールとしてバッチフラワーを学ぶことで、学習者自身もまた、自分の感情に気づく素晴らしい機会となるでしょう。

 

<東京会場 (バッチホリスティック研究会 セミナールーム)>

セミナールーム

 

BIEP図 BFRP
 
 

 

画像・情報等の無断転載・使用はご遠慮下さい。   Copyright バッチホリスティック研究会 All rights reserved.