>>Top

バッチ財団登録プラクティショナー
BFRP登録者一覧  
BFRP紹介先リスト1
BFRP紹介先リスト2
BFRP業務規定
動物への使用BFRP全国での活動BFRP更新
 
バッチフラワーレメディ バッチ国際教育プログラム BFRP バッチセンター
bfrpと動物

バッチフラワーレメディを動物に対して使うことに関して、英国バッチセンターでは、同財団に登録しているバッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)およびバッチ財団登録アニマルプラクティショナー(BFRAP)にガイドラインを出しており、ウェブサイト上でも公開していますので、その日本語版を英語併記でアップしました。

※現在、日本ではBFRAP(バッチ財団登録アニマルプラクティショナー)のコースは開催しておりません。

 

Introduction(イントロダクション)

These guidelines are for the use of practitioners registered with the Dr Edward Bach Centre and relate to their work with the system of 38 flower remedies discovered by Dr Edward Bach. References to BFRPs (Bach Foundation Registered Practitioners) include BFRAPs (Bach Foundation Registered Animal Practitioners) unless otherwise indicated.

これらのガイドラインは、英国バッチセンター(Dr. Edward Bach Centre)の登録プラクティショナーBFRP(Bach Foundation Registered Practitioner)が使うためのものであり、エドワード・バッチ博士の発見した38種類のバッチフラワーのシステムについての彼らの仕事に関するものです。特に表記がない場合、BFRP(バッチ財団登録プラクティショナー)について書かれていることはBFRAP(バッチ財団登録アニマルプラクティショナー)にも当てはまります。


Animals, and simplicity (動物とシンプリシティ)

Simplicity is the heart of the remedies and the heart of everything BFRPs do. We are committed to the original simple methods of Dr Bach, and to presenting and using the 38 remedies as a safe, self-help system that anybody can learn to use.

「使いやすさ」は、レメディの真髄であり、BFRPが行うこと全ての核心となるものです。私たちは、バッチ博士のその独特のシンプルな方法で使うことを誓約し、38種類のレメディを安全で、かつ誰もが学んで使うことができるセルフヘルプ(自助)システムとして紹介し、用いることに尽力しています。

When it comes to the care of animals, however, there is a paradox. On one level animals can be easy to deal with. Like children, they respond quickly to accurately-chosen remedies, and their feelings tend not to be buried in layers of denial and compromise. Often we can identify appropriate remedies for animals ‘casually’, as we might do for friends, by using simple empathy and a desire to understand, and those interventions can be useful and helpful. However, some aspects of helping animals with the remedies make 'animal practice' a difficult area for BFRPs.

しかし動物への使用には矛盾が生じます。ある意味、動物に使うことは簡単なことかもしれません。それは子供のように、適切なレメディに対して反応が早く、感情が何層もの否定や妥協で覆われていません。しばしば、私たちは友達に選んであげるように動物にも単純な感情移入や理解しようとする気持ちで適切なレメディを何気なく選んでいることがあり、それらの手助けは有用であり助けになり得るでしょう。しかし、レメディを使って動物を助けるという、‘動物への実践’は、ある意味では BFRPにとって難しい分野だと考えられます。


The difficulties arise from several directions.
色々な方面から生じる問題点


* The problem of inter-species communication
* Concerns over personal safety
* Legal issues

* 異種間のコミュニケーションの問題
* 個人の安全に対する心配
* 法的な問題


The aim of these guidelines is to help BFRPs respect the essential simplicity of the system and at the same time respond adequately to the unique challenges we face when we help animals in a professional context.

これらのガイドラインは、このシステムの本質的な要素である使いやすさに対してBFRPの配慮を援助し、それと同時にプロフェッショナルとして動物を助ける時に直面する類の無い問題に対してBFRPが適切に対応することを目的としています。

Communication: understanding animals
(コミュニケーション:動物を理解する)


When we sit down with a human client we use language, and the client answers in kind. We can ask questions if we aren't sure we understand something. Even if we only speak Greek and our client only speaks Chinese, we can get some insight from behaviours and needs we have in common as a species. All humans use look, tone of voice and gesture to communicate feelings and distress. We share common physical and emotional needs and often react to situations in a similar way.

私たちが人間のクライアントと対面するとき、言語を使い、彼らは同じく言語を使って返答します。もし私たちが理解したことに確信が持てなければ、質問する事もできます。もしこちらがギリシャ語しか話せず、クライアントは中国語のみだとしても、人間として必要な事や行動などの共通点からある程度把握できることでしょう。全ての人間は、感情やストレスを表情や声のトーンやジェスチャーを使って表現します。私たちは身体的、感情的必要性を共有し、ある状況に対して似た反応をすることが多いのです。

With animals this commonality applies much less, and sometimes hardly at all. Not only do we not share ‘languages’ of body posture, sound and scent, but our human view of the world might be utterly alien to that of the animal we want to help. Making assumptions could lead us badly astray. We might give Holly to dogs that destroy our property when they are locked in alone. We might choose Vine for rabbits that bite anyone who goes near the hutch. The behaviour of our own (predator) species may lead us to assume that a silent, still animal is likely to be calm and untroubled, when stillness in some prey species could be a sign of severe emotional stress.

動物に関してはこれらの共通点が少なく、時には全くありません。ボディランゲージが違うだけではなく、においや音、そして助けようとしている動物の世界観は、私たちとは全く異なるかも知れません。推測することで我々は道に迷ってしまうことになるかも知れません。例えば、ひとりぼっちで家に閉じこめられた犬が家財を壊してしまうときにはホリーを、ウサギ小屋の近くによる人を誰でも噛むウサギにはバインを与えるかも知れません。また私たちのような捕食動物種は、静かで動かないでいる動物を落ち着いて安定していると思いますが、静止は非常に強い感情的ストレスの現れである被食動物もいます。

Wrong choices won’t make things worse, because the remedies are safe ? but the remedies we choose are unlikely to help. It’s difficult enough sometimes to make good choices for human clients, so we should be even more prepared to go carefully when it comes to selecting for animals.
We are though far from helpless. We can’t ask animals for an explanation of their behaviour. But we can ask questions of ourselves and of the owner, such as:

レメディは安全なので、間違ったレメディを選んでもより事態を悪化させることはないでしょう。しかし、それが助けにはならないでしょう。時々人間のクライアントに対してきちんと選ぶだけでも難しいように、動物に関してはより慎重な選択が望まれます。
しかし私たちは手助けをできないわけではありません。動物に行動の理由を直接聞くことはできませんが、下記の事柄などに対して自問したり飼い主に問うことはできます。


1. Is the animal from a social or solitary species?
2. Is it a predator or prey animal?
3. Is it from a territorial, home ranging or nomadic species?
4. Is the animal’s carer or owner managing it appropriately?
5. Is the animal allowed to act out most of its normal and natural behaviours?

1. 社会性動物か単独行動性動物か?
2. 捕食動物か被食動物か?
3. 縄張り型、ホームレンジ型、または放浪型か?
4. 飼い主または世話する人が適切な管理をしているか?
5. ごく自然で正常な行動を行える環境にいるか?


Answering these questions should help us understand better what an animal’s behaviour means. This will help us select more accurate and helpful remedies. For example:

これらの質問は、動物の行動に対してより理解をするために役に立つはずです。そして、より正確にレメディを選ぶのに役立つでしょう。


1. Is the animal from a social or solitary species?
(その動物は社会性動物か単独行動性動物か?)


Tortoises, hamsters, snakes and a few fish species are solitary. But dogs, cats, horses, parrots, rabbits, guinea pigs and most fish and farm animals (cows, pigs, sheep, chickens) are all social species. The vast majority of the animal species on the planet are social ? over 90%. Many of their negative emotions stem from not being allowed to interact with members of their own species and therefore remedies relating to isolation and friendlessness, for example, often need to be considered.

カメ、ハムスター、蛇と数種類の魚は単独行動性動物です。しかし、犬、猫、馬、オウム、ウサギ、モルモットやほぼ全ての魚、そして家畜動物(牛、豚、羊、鶏)は全て社会性の動物です。地球上にいる大多数の動物の90%以上は社会性動物です。多くのマイナス感情は、同種の仲間と関係をもてないことから始まり、したがって、例えば孤立や孤独に対してのレメディをしばしば検討する必要があります。

The commonest error here is the assumption that cats prefer to be solitary (and hence are Water Violet types). On the contrary, the domestic cat has been shown to have a rich social structure almost identical to that of the African lion.

ここで一番多い勘違いは、猫が単独行動(ウォーターバイオレット)を好むという勘違いです。それどころか、家猫はアフリカのライオンにほとんど同じような豊かな社会構造をもっていることが発表されています。


2. Is it a predator or prey animal?(捕食動物か被食動物か?)

Generally, prey animals tend to be far more easily frightened than predators. Horses, rabbits, hamsters and many birds are prey animals. When their fear turns to fear-aggression, however, it is sometimes difficult to appreciate fear for what it is. Knowing that when a constrained horse or rabbit bites, it is doing so out of fear or terror leads one more readily to choose Mimulus or Rock Rose rather than assuming the bite betrays a domineering Vine tendency.

一般的に被食動物は、補食動物に比べてすぐに恐怖を感じる傾向があります。馬、ウサギ、ハムスターや多くの鳥は被食動物です。しかし彼らの恐怖が恐怖性攻撃に移ってしまった場合、何に対しての恐怖かわかりづらくなってしまいます。強要された馬やウサギが咬んだ時、それが怖れや恐怖からのものであることを知れば、噛む行為は横暴なバインの傾向を表していると考えるよりも、ミムラスやロックローズが直ぐに候補にあがると思います。


3. Is it from a territorial, home ranging or nomadic species? 
(縄張り型、ホームレンジ型、または放浪型か?)


Fish, tortoises and some birds need lots of space because they are nomads and never return to a specific place of their own. Cats and dogs are territorial ? this is the opposite ? they return daily to a home base. Horses, pigs and sheep are mainly home rangers ? this means there is no core home base but there is a general area that they tend to roam around in.

魚、カメと幾つかの鳥は、放浪性であり特定の場所に帰ってくることはなく、多くのスペースが必要です。逆に、猫や犬は縄張り型で毎日同じ場所に帰ってきます。馬、豚、羊はホームレンジ型です。ホームレンジ型とは、彼らには決まった就寝場所はありませんがほぼ同じエリア内をウロウロしているタイプのことです。

Generally speaking, the more territorial the animal, the more defensive it is. This is because territorial animals have something to lose. Chicory-type behaviours are therefore rarely seen in tortoises and only occasionally in horses. Territorial and possessive responses (like dogs holding onto bones or balls) are driven by their not wanting to lose hold of something that is valuable to them.

一般的に、縄張りがより強い動物は、より防衛的だということです。これは、縄張り型の動物は失うものがある為なのです。よってチコリータイプの行動は、カメには非常に希に、馬には時々しか見られないのです。犬が骨やボールを放さないというような縄張り行動や独占反応は、彼らにとって価値のあるものを失いたくないということからです。


4. Is the animal’s carer or owner managing it appropriately?
(その動物の飼い主または世話をする人が適切な管理をしているか?)


5. Is the animal allowed to act out most of its normal and natural behaviours?
(その動物は、ごく正常で自然な行動を表現することを許されているか?)

Once you have answered the first three questions you should be able to answer these last two more easily. They are related, because the way people control animals is often the direct cause of behavioural deprivation ? and consequently the direct cause of negative emotions. A horse being managed in a solitary way in a stable will be unable to display social behaviours and unable to home range. A fish that is a prey animal, housed in the same tank as a predator fish, may display hardly any behaviour at all ? it may hide under a rock all day. Here the negative emotion and the lack of a way out might be so extreme that Sweet Chestnut could be indicated.

最初の3つの質問に対しての回答を得られれば、この最後の2つの質問は比較的簡単です。この2つは、関連しています。なぜなら、飼い主の動物を管理しているやり方が、しばしば動物の行動を直接的に取り上げているからであり、その結果、マイナス感情の直接的な原因となっているからでます。馬が馬房に入れられている単独的管理下では、社会的な行動やエリア内の徘徊ができません。被食性の魚がその捕食魚と同じ水槽に入れられている場合、全くと言っていいほど何の行動も見られず、終日石の下に隠れていることもあるでしょう。このようなマイナス感情と逃げ場の無さは、極端な場合は、スイートチェストナットが当てはまるような極限の状態かもしれません。


Communication: behaviour and illness(コミュニケーション:行動と病気)

Some pathological conditions may look very like behavioural or emotional issues. Animals can’t talk, and owners may not realise their pet is ill or injured or in pain. This is one reason why BFRPs should only take on animal cases when they know the animal has been examined by a vet. If we try to help with remedies straight away without obtaining referral owners might decide to put off a potentially life-saving trip to the vet.
See the sections below on veterinary referral.

病気による状態の中には、行動的または感情的な問題に酷似して見えることがあります。動物はしゃべれないため、飼い主が病気や怪我、痛みに気づかないこともあります。これが、BFRPが獣医師によって診察された動物しか対象として扱わない一つの理由です。もし私たちが獣医の承諾なしにレメディで助けようとしてつき進むと、飼い主は獣医への診察を引き伸ばし、命にかかわることになるかもしれません。

獣医師の承諾についての下記の項を参照して下さい。

Personal safety(個人の安全)

It’s probably true that BFRPs in general are cautious around horses and farm animals, and around larger animals in general, simply because they are less familiar with them and because of their size. Familiarity and smallness, though, don’t mean that household pets should automatically be considered safe. Pets can be dangerous, especially to strangers, and especially when they are territorial animals on their home ground. You share a home and an understanding with your own animals ? but to the dog in your neighbour’s house you might be an unwelcome intruder who has no business being there. Thinking that cats like you, or that you know how to handle dogs, or that it will be easier or more convenient to deal with animals will in their own homes ? all these assumptions all potentially dangerous to your welfare.
Here are some scenarios that you can easily find yourself in:

一般的にBFRPは、馬の近くや家畜動物、そして大型動物には、その大きさからも馴染みがないため慎重になります。しかし、馴染みと小ささが直ぐに安全に繋がるわけではなく、家庭動物もその例外ではありません。時にペットは、特に見知らぬ人に対してや、そのテリトリー内においては危険度が増します。一緒に暮らしているペットに関しては理解出来ているかも知れませんが、しかし隣の家の犬は、あなたをがそこにいる必要のない歓迎しない侵入者と認識している可能性もあります。猫が自分になついているとか、ちゃんと犬をコントロール出来る、または彼らの家の方が便利で簡単であるというような憶測は全て、あなた自身の身を危険にさらすことになるかもしれません。

ここに幾つかの陥り易いシナリオを用意しました

* You agree to a home visit only to find that the dog is more aggressive than you are used to, and you feel frightened and not sure how to deal with the situation.
* You arrive at a house expecting to deal with a dog that is scared of having its collar put on ? but the dog turns out to be territorially aggressive as well. (The owner doesn’t mention this on the phone as the dog is a guard dog and he doesn’t think its aggression is a problem.)
* You go to visit a geriatric hamster unaware of the aggressive dog that also lives in the home.
* While you are observing a client’s rabbit ? the only animal in the house ? the neighbour barges in with his territorially aggressive dog.

* あなたが家を訪問することを受諾し、犬があなたが扱ったことのある犬よりも攻撃的であることが分かっただけで、あなたは恐怖を感じ、この状況をどのように対処したら良いか自信がもてない。
* 犬が首輪を付けることを怖がっている事に関して対処しようと思って訪問したが、犬はよくあるように縄張り性攻撃行動にも出てしまった(飼い主は犬がガード・ドッグ(番犬)であることを電話で言わなかった。また、彼はこの攻撃性を問題だとは思っていない)。
* 老年期のハムスターの為に訪問したが、そこには攻撃的な犬も同居していた。
* クライアントのウサギを観察しているときに、隣人が縄張性の攻撃性のある犬と一緒に入ってきた。


The Bach Centre’s advice to BFRPs seeing human clients is to be aware of the potential pitfalls involved in home visits. This especially applies when seeing clients for the first time. First consultations should generally take place at the BFRP’s premises so that the practitioner can decide after meeting the client if this is somebody they are happy to visit at home. Visiting a client at home means stepping outside any normal arrangements that guarantee our personal safely, such as the presence of a colleague or family member, access to a phone and backup.

バッチセンターは、BFRPが自宅訪問で人間のクライアントと接するときの落とし穴に注意して欲しいとアドバスしています。これは特に初対面の時に当てはまります。最初のコンサルテーションは一般的にBFRPの施設で行うべきで、それによって自宅訪問が上手くいく人かどうか、クライアントに会って決めることができます。クライアント宅への訪問は個人の安全を保証する通常の準備、例えば同僚や家族が近くに居たり、電話や補充人員に連絡できるということから離れることを意味するからです。

These concerns are multiplied in the case of practice with animals. Even BFRAPs, with their specialist training on working with animals, do not usually have extensive experience handling aggressive animals. Serious injuries are all too common among professionals who make home visits, and that includes professional animal behaviourists and vets. Studies by Southampton University and the Pennsylvania Veterinary School have shown that statistically-speaking you are far more likely to be injured if the animal is on its home turf than if you conduct your consultation elsewhere.

これらの心配は、動物に関しては数倍にも膨れ上がります。動物専門のトレーニングを受けているBFRAPにおいても、攻撃的な動物をコントロールした経験は通常それほど多くはありません。深刻な怪我は自宅を訪問する専門家の間で一般的で、行動学者や獣医師も例外ではありません。サウスハンプトン大学とペンシルバニア獣医科大学による研究では、コンサルテーションを動物の敷地で行うのは、それ以外の場所に比べて怪我をする可能性が高いということを示しています。

Because of this concern over safety, the Natural Animal Centre level 3 course teaches that practitioners should only make home visits in very rare circumstances, i.e. where we are entirely satisfied that the animal we are seeing is safe; where no other animal will be present during our visit; and where there are no concerns about the owner.

安全に関してのこのような心配があり、Natural Animal Centreのレベル3の授業では、訪問は極めて希な状況の時のみとしています。例えば、見に行く動物が安全であることが完全に確信できるところ、訪問中はその他の動物がいない場所、飼い主に心配事がないところなどですある。


Legal issues(法的な問題)

Laws on the health care of animals vary widely from country to country, but the one thing they have in common is that they were not written with the Bach remedies in mind. In most countries the law allows us to give treatments of most kinds to our own animals. We can also help wild animals, and usually (but not in every jurisdiction) we can help any animal in a genuine emergency.

動物の健康管理についての法律は国々によって様々ですが、共通していることはバッチレメディに関しての記述はないということです。ほとんどの国では、法的に自分の動物にはトリートメントをしても良いとなっています。また、野生の動物も助けることができ、深刻な緊急事態においては、ほとんどの場合にどんな動物でも助けられます(管轄区以外)。

However, in the UK, diagnosis and treatment of other people's animals in a wide range of situations is considered to be 'an act of veterinary surgery' and can only be carried out by a vet. Similar laws apply in many U.S. states, and in other parts of the world. For example, the equinology.com and Hands-On Trade Association web sites in the U.S. both have state-by-state guides to the attitudes of state lawgivers and veterinary authorities towards massage therapists wanting to work with animals. Many of them take a restrictive view.

しかし英国では、他人の動物への診断と治療は、多くの状況で「獣医療行為」とされ獣医師にしか許されていません。同様な法律がアメリカの多くの州やその他の地域にも当てはまります。その例として、アメリカのequinology.com と Hands-On Trade Association のウェブサイトでは、それぞれの州の法制定機関や獣医師協会などが動物のマッサージセラピストに対しガイドラインを公表しています。それらの多くが制限的な見解をしています。

It isn't certain whether selecting Mimulus for a neighbour’s frightened cat would fall foul of this kind of legislation. Legal advice sought on this ? both by the Centre and by individual practitioners ? confirms the view that this is a grey area where there is much opinion but little hard information. The law is unclear and likely to remain so until Bach remedies are mentioned specifically, or until a judge decides in court whether it is correct or not to define what we do as ‘veterinary surgery’.

隣人の恐がりの猫に対してミムラスを選んであげることが、法律に抵触するかは明確ではありません。そこでバッチセンターと個々のBFRPが調べた結果、それはグレーゾーンということであり、そこには多くの意見がありますが、ほんの少しの情報しかありません。法は不明確であるか不明確のままである確率が高く、バッチレメディが特に法に表記されるか、法廷で裁判官が私たちの行為を「獣医療行為」と判断するまでは分からないのでしょう。

The Bach Centre’s view is that selecting and giving a Bach remedy should not be considered an act of veterinary surgery or veterinary diagnosis. The remedies are not selected for specific veterinary or medical conditions, and do not claim to treat those conditions. The Code of Practice (clause 4.4) bars BFRPs from the treatment and diagnosis of physical and mental illness. Selection of Bach remedies is based entirely on the personality and emotional state of the animal.

バッチセンターの見解では、バッチレメディの選択しそれを与えることは獣医療行為や診断には入らないとしています。レメディは、特別な獣医療や医学に対して選ばれている訳ではなく、それらの治療用でもありません。行動規則(条項4.4)でも、身体的や精神的な診断ではないとしています。バッチレメディは、動物の個性と感情状態によって選ばれるものです。

Other organisations do not necessarily share this view. The Royal College of Veterinary Surgeons in the UK has issued contradictory advice on occasions, but its most recent communications indicate that it currently considers the use of Bach remedies illegal unless carried out in person by a vet.

その他の機関は、必ずしもこれらの見解ではない場合もあります。王立獣医大学は、場合によって逆の意見をしばしば発表しておりますが、しかし最近の情報では、バッチレメディの使用を獣医師に限るとしています。

Our concern in this confused situation is to find a sensible way forward that protects BFRPs and at the same time allows us to use Dr Bach’s simple, safe system to contribute to the welfare of animals. We make a distinction therefore between giving informal ad hoc advice to meet immediate need, and the more formal role that involves veterinary referral, seeing an animal for a consultation, taking individual notes, and making specific recommendations based on individual observation.

この混乱した状況での私たちの関心事は、BFRPの保護と同時にバッチ博士のシンプルで安全なシステムを動物の福祉に使うことが許されるようにする分別のある方法を見つけることです。私たちは、その結果、目下の要求に対しての略式な、その問題に限るアドバイスと、獣医師の承諾を得て、コンサルテーションのために動物を見て、個々にノートを取り、その観察をベースとした具体的な忠告を作ることを含む正式な職務を区別しています。


Giving informal advice(略式のアドバイスをする)

Owners who want help selecting remedies for their animals often approach BFRPs direct. Sometimes requests come by email or telephone. In these circumstances we often don’t have an opportunity to see the animal for ourselves. The owner might assume the problem is emotional, but doesn’t know for sure. We don’t know if the animal has an undiagnosed condition and will not have been able to make a proper remedy assessment or obtain veterinary referral.

自分の動物に対してレメディを選ぼうとしている飼い主は、しばしばBFRPに直接連絡を取ります。時にはEメールか電話で依頼してくることもあります。このような状況では、私たち自身が直接動物を見る機会がない場合もあります。飼い主は問題が感情面にある気がしているかもしれませんが、確実ではありません。私たちはその動物が、診断のまだ確定していない症状を持っているかどうか分からず、きちんとしたレメディ選択の評価ができないかもしれませんし、獣医師の承諾が得られなかったりします。

Where possible we want to help. The way to this - and at the same time protect the animal from harm and ourselves from possible legal problems - is to avoid discussing the actual case and focus on teaching the owner a about Dr Bach's system. When we are working in informal contexts we need to see ourselves as teachers and avoid any suggestion that we are making selections or suggesting a treatment. The golden rule when oferring informal help is therefore:

私たちは、出来る限り助けたいと思っています。その為には、動物を害から守るためと自分たちを法的な問題から守るためを含め、実際のケースを議論するのを避け、バッチ博士のシステムを飼い主に教えることに焦点を合わせます。私たちが非公式な枠組みの中で接しているときには、自分を教師としての立場におき、具体的な選択提案や対処法の提案は避けることが賢明です。

これを踏まえてのゴールデンルール


Advice should be general and educational, not specific
(アドバイスは一般的であり教育的、そして非具体的に)


By asking the owner pertinent questions, we can explore in general terms the likely triggers for behaviour. When we respond, however, we should make our advice general, and emphasise that we are only describing what some of the remedies do rather than making a definite choice for the individual animal. For instance, we might say: ‘There are a number of remedies that can be helpful in fear, such as Aspen and Mimulus. Here are the indications for each…’ This leaves the final choice of remedies to the owner.

飼い主に対して適切な質問をすることにより、行動の引き金となっているものを一般的な会話で探ることができるでしょう。しかし私たちがなすべき反応は、一般的なアドバイスにとどめ、レメディがどんな作用があるかを説明しているだけであることを強調し、個々の動物に対して具体的に選ぶことは避けます。例えば、このように言うことができます。「アスペンやミムラスなど幾つかのレメディが恐怖に効果があり、これらがそれぞれの指表で…」、これにより飼い主に最終判断は委ねた形になります。

In the same way, dosage instructions should be general (‘people give the remedies on a treat’) rather than direct instructions (‘give the remedies on a treat’).

同様に、使用の説明も「多くの人がトリーツ上にレメディを落とします」というような一般的なものにし、直接的な「トリーツ上に落としてあげて下さい」というような表現は避けましょう。

It’s a good idea right at the start of the conversation to explain that you can’t give specific advice because you haven’t seen the animal or obtained veterinary referral. This makes it easier to draw lines later on if the animal’s behaviour seems to warrant a more formal approach.

最初にその動物を見ていないことや獣医師の承諾がないので、具体的なアドバイスが出来ないことを説明するのは良いアイデアです。これにより一線が引かれ、以降のより正式なものに移る足がかりにもなります。


Make sure the level of intervention is appropriate
(援助のレベルが適正であるか確認する。)


In general, informal advice is most appropriate when discussing simple, everyday situations. Don't attempt to address complex issues or those that involve chronic problems. Instead, deal with more complex issues by explaining that you need to arrange veterinary referral and a proper consultation so you can see the animal for yourself.

一般的には、略式のアドバイスは日常の問題や簡単なものには適しています。複雑なものには入っていかず、慢性的な問題も避けた方が良いでしょう。逆に複雑なケースを取る場合には、獣医師の承諾が必要で、きちんとしたコンサルテーションによって動物を見る必要があると説明することで対応してください。

In some countries there is an obligation on us to inform an animal's owner if it sounds as if an animal might require medical treatment. Whether or not the owners says that the animal is ill, however, it’s good practice to suggest that it be taken to the vet for a precautionary check-up.

幾つかの国では、医療処置が必要であると感じた場合に飼い主に伝える義務があります。飼い主がその動物が病気か否かを伝えなかったとしても、念のために獣医師への訪問を前もって薦めるのは良いことです。


Avoid making up mixes yourself
(BFRPが自分でレメディをミックスするのを避ける)


Once the owner has made a selection you may be asked to supply a treatment bottle. If you do have treatment bottles and remedies to hand, and the owners are on your premises, you might give them permission to make a mix from your stock bottles free of charge if they want to. You could also point clients to a shop that sells the remedies and leave them to buy and give the remedies themselves.

飼い主がレメディを選び終え、トリートメントボトルの作成を要求されるかも知れません。もしトリートメントボトルとレメディがあり、あなたの場所に来てもらっている場合、あなたのストックボトルを使ってミックスすることを無料で許可し、自分で作ってもらいます。また、クライアントにレメディを売っている店を教え、自分で購入して、動物に与えるようにしてもらうこともできます。

If you do decide to mix a treatment bottle for an owner, it needs to be clear in any supporting documentation that the choice of remedies is the owner’s, and that the remedies do not replace veterinary care or treat veterinary conditions.

もしあなたが飼い主の為にトリートメントボトルを作成する場合、添付書類に飼い主が選んだものであることを添付する必要があり、それらレメディは獣医師からの治療などの代わりではないことも明記することが必要です。


Avoid medical terminology(医学用語を避ける)

This is actually good practice throughout your work with the remedies, but certainly when offering informal advice on animals words like ‘treatment’, ‘depression’, ‘dose’ etc. are best avoided.

実はこれはレメディを使うあなたのお仕事全体を通じて良いやり方になりますが、動物に対しての非公式な情報提供の場合、「治療、鬱、服用」などの言葉は極力避けるべきです。


Veterinary referral(獣医の承諾)

For anything beyond simple general advice BFRPs should obtain veterinary referral before the first consultation takes place. On the face of it, working under vet referral might seem to be contrary to Dr Bach’s philosophy of self-help, given that he was a qualified doctor who chose to turn away from the scientific limitations of the medical profession. But there are good reasons for thinking that vet referral is in the best interests of BFRPs, the best interest of animals, and ultimately in the best interest of Dr Bach’s system. It represents a way of carrying on this simple work in a way that reaches as many animals as possible.

簡単な一般的なアドバイス以外では、BFRPは最初のコンサルテーションをする前には獣医師の承諾を得なければいけません。一見したところ、医学的な専門知識の科学的な制限から離れることを選択した医師であるバッチ博士の自助の哲学からは、獣医師の承諾の上で活動することは、相容れないように感じるかもしれません。しかし、獣医師の承諾を得ることはBFRPのためでもあり、動物のためでもあり、結局はバッチ博士のシステムにとっても良いことであるという判断には説得力のある理由があります。それができる限り多くの動物に届くようなやり方で、このシンプルな方法を実践する方法であるからです。

We have already noted (see the section on legal issues above) that there is real uncertainty about the legality of caring for other people’s animals with Bach remedies. There is also the risk that animal owners will blame BFRPs if remedies are selected for something that later turns out to be a medical problem. One advantage of vet referral is that it protects BFRPs from potential legal problems like this. Responsibility for the animal’s veterinary care is left where it belongs, in the hands of the vet, which makes it less likely that an authority will decide to test local laws by bringing a case against a BFRP. We believe too that in some countries such as Japan, vet referral is sufficient to make it entirely legal to work with animals.

お気づきとは思いますが、他人の動物をバッチレメディでケアすることの法的な問題は明確ではありません(上記の法的な問題を参照して下さい)。また、時にレメディを選んだが後になって病気などの医学的な状態になった場合に、飼い主がBFRPを咎めるというリスクもあります。獣医師の承諾を得る一つの利点は、これらの法的な問題からBFRPが守られるということです。動物の健康に関しての責任は、本来責任を持つべき獣医師にあり、関係機関がBFRPに対して法的処置を取る確率も低くなります。日本のように、幾つかの国では、獣医師の承諾が法的に動物を扱う許可として働くこともあるそうです。

Vet referral has animal welfare implications as well. Because assessing animals is hampered by their not being able to ‘talk to us’, it’s useful to get as much information as possible before trying to select remedies. Vets often have information to add about an animal, even if it is only to confirm that there is no major underlying medical condition of which we need to be aware. We benefit from the free, advance input they provide, and we gain confidence that our intervention is appropriate. Many diseases can cause aggression, so it’s good to know that the organic causes have been ruled out before we start deciding on remedies.

獣医師の承諾書は動物福祉にも関わっています。動物を評価する時、彼らが「私たちと話し合うことができない」ということが障害となるので、レメディを選ぼうとする前に出来る限り多くの情報を得ておくことは役に立ちます。私たちが知っておく必要のあるような重大な医学的な問題がないことを確認するだけでなく、獣医師は情報を追加してくれることがあります。そして獣医師からの無償の情報はとても有益であり、私たちの援助が適切であると確信を与えてくれます。様々な疾患が攻撃性の原因になるため、レメディを選ぼうとする前に器質性の要因を取り除いておくことを知ることも良いことです。

Some practitioners find the idea of working alongside a vet an intimidating prospect. But there are enormous positive gains to be had from conforming to vet referral ? it is not meant to limit us. In fact, over the years that the Natural Animal Centre level 3 course has been taught, experience has shown that a good relationship with a few veterinary practices in the local area can ensure an on-going throughput of cases and a thriving animal practice.

BFRPの中には、獣医師と一緒に仕事をするというと畏縮するように感じる人もいるかもしれません。しかし獣医師の承諾を得ることにはとても大きな利点があり、私たちを縛るものではありません。実際、Natural Animal Centreがレベル3を教えている実績からは、地元の幾つかの動物病院と良い関係を築けていると、継続的な顧客の確保と、動物病院の繁栄に繋がることが示されています。

Many BFRPs are initially surprised to find that many vets not only formally welcome them and have a positive attitude about working together under a referral system, but even offer to support them in the set-up of their. This is because there are many complementary practices where ethical and professional guidelines regarding treatment of animals are either absent or not applied and the welfare of animals is thus ignored. This leaves vets in an impossibly difficult professional position, where they are legally responsible for the health of animals, yet have complementary therapists issuing medicines through the back door. Working under referral gains the trust of vets and speeds up acceptance of the Bach remedies across the world.

多くのBFRPは最初、多くの獣医たちが単に正式に協力的な姿勢を示し承諾を得ての仕事にとても好意的であるだけではなく、BFRPが自分の開業するのに協力してくれさえすることに驚かされます。それは、数ある補完療法の実践が、倫理指標や職業上の指針を欠いていたり当てはまらなかったりし、結果的には動物福祉を無視してしまっているからです。この状況では、補完療法士が裏では薬を出し、しかし獣医師は法的に動物の健康に責任があるため、専門家としてとても難しい立場に置かれてしまいます。獣医師の承諾の下で仕事をすることは、獣医師との信頼関係を深めるだけではなく、より早くバッチレメディが世界に受け入れられるためにもなるのです。

For the sake of a minor administrative task the benefit for us, for the remedies and animals is huge. Acceptance by veterinarians has been a major accelerator in spreading the use of the remedies. The Natural Animal Centre and the Bach Centre have taken a lead on this, with the support of BFRPs and particular BFRAPs, and we believe that it is the best way forward.

この小さな行動が、私たちにとってもレメディと動物にとってもとても大きな恩恵を与えます。獣医師に受け入れられることが、レメディを広めることを加速させます。Natural Animal CentreとバッチセンターはBFRP特にBFRAPを援助しながら、これに基づいて指導し、我々はこれがバッチフラワーを推し進めるための最善の方法であると信じています。


What does veterinary referral involve?
(獣医師の承諾を得るとはどういうことでしょうか?)


Often this is a very simple matter. When the owner first approaches you, ask for the name and number of the veterinary surgeon who treats that animal. Phone in, and explain to the receptionist or nurse who you and what you want to do, and ask that a note be made on the animal’s file to say that you are going to be selecting Bach remedies for it.

しばしばこれはとても簡単な事です。飼い主から依頼されたときに、担当獣医師の名前と電話番号を聞きます。電話をし、受付か看護師に自分の名前と何をするのかを説明し、そして動物のカルテにあなたがバッチレメディを使おうとしていると記載してもらいます。

You could also offer to send more information on the remedies to the surgery. To help you do this we have prepared a letter that gives basic reassurance on the system, as well as outlining our stance on veterinary referral. (You can also use this to make initial contact with vets without having a particular case in mind.)

動物病院に追加の情報を送ることもお薦めです。バッチセンターでは、BFRPをサポートするため、システムに関する基本的な説明と獣医師の承諾に関する書類を用意しました。(またこれらは、特定のケースを考えることなく最初に動物病院に接触しようとするときにも使用できます。)

It may be that you will be put through to speak to the vet in person, which could lead (as has happened in the past) to an invitation to go to the surgery and talk about the remedies with the staff and the vets. In many cases, though, the receptionist or nurse will make a note and you are free to arrange the consultation.

時には直接獣医師に繋いでもらえる場合があり、過去にもありましたが、病院に招待され、獣医師やスタッフにレメディについての説明を行える機会が得られることもあります。多くの場合、受付か看護師が承諾書の手配をしてくれ、あなたはコンサルテーションをいつでも出来る状態になります。

Once you have obtained a referral, it’s good practice to work within any limits that the veterinary surgeon sets and in particular keep him or her fully informed of the animal’s progress, especially if asked to do so. If at any point you are concerned about the animal’s health or safety, or about any danger you feel its behaviour might pose to the public or the owner, inform the vet and the owner of this in writing.

獣医師の承諾を得た後は、その病院が設定した行動範囲内で活動するのが適切であり、特にそのように指示されている場合は、担当獣医師に動物の状況を知らせることが望ましいのです。どの段階においても、動物の健康と安全、または人々や飼い主が危険にさらされると感じた場合には、飼い主と獣医師に書面で連絡します。


What if I can’t get veterinary referral?
(もし承諾を得られなかったら?)


If for any reason a vet refuses referral, go back to the owner and explain the situation. The owner might be able to register the animal with another vet who is more open to working with BFRPs.
If that isn’t possible for any reason, our advice is to go back to the guidance on giving informal help, and restrict your intervention to teaching the system to owners so they can make their own selections of remedies.

獣医の承諾を得られなかったときには、飼い主にその説明をします。時にはもっとBFRPの仕事に好意的な病院に変更してくれることもあります。そして、もしそれも何らかの理由で不可能だった場合、簡易的なアドバイスに戻り、援助はバッチシステムを教えるということものにとどめ、飼い主が自分で選べるようにすると良いでしょう。

Subject to local laws, practitioners are usually able to render emergency first aid to any animal if this is done to save life or relieve distress.

その地域の法律によって異なりますが、BFRPはふつう命を救うためと、それに関連するストレス軽減の対応と緊急時の応急処置として動物に関わることができます。


Is a waiver an alternative to vet referral?
(権利破棄書は獣医師の承諾書の代わりとなるか)

A waiver in this context would be a signed statement from the animal's owners. It might say that: the owners agree to have you select remedies for the animal and that they understood that you were only selecting on the basis of the animal's emotions and not for any disorder that should be treated by a vet. It would also say that the owners acknowledge your advice to make sure the animal is checked over by a vet in order to ensure that any illness or injury is properly treated.

この状況での権利放棄書とは、飼い主が責任を負うというサインのある書類のことになるでしょう。書類には「飼い主はあなたが動物に対してレメディを選ぶということに同意し,あなたが選ぶのは動物の感情的な問題に対してであって、獣医師を必要とするような疾患に対して選ぶのではないことを理解している」ということが書かれています。またその書類には、怪我や疾患に対しては適切な治療を行うために獣医師の診察を必ず受けるようにとのアドバイスがあなたからあったことを認める、と記されることでしょう。

We recommend using waivers and disclaimers in some situations ? see for example the practitioner Bulletin for Spring 2001. You could certainly introduce a waiver in addition to veterinary referral as a good way of setting boundaries for the animal's owner and for any authority that might question your right to select remedies for animals.

バッチセンターは、権利放棄書と免責書の使用を薦めている場合があります(BFRPニュースレターの2001年春号を参照してください)。もちろん権利放棄書を獣医師の承諾書に付加して導入することはできますし、これにより飼い主と、レメディを動物のために選択するあなたの権利を疑問視するかもしれない公的機関に、しっかりとした境界線を示すことができます。

However, we don't believe that a signed waiver is a replacement for veterinary referral. In human-to-human interactions our clients are able to talk to us. Even in cases that involve extremely young children we share a common language of pain and distress. The problem with animals is that we - and the owner, signing the disclaimer ? can't be sure that the animal is not in pain or suffering an undiagnosed illness. Taking on a case in these circumstances is not in the best interest of the client ? i.e. the animal. We also miss out on useful potential information that the vet might be able to provide.

しかし、署名した権利放棄書は獣医師の承諾書の代わりにはならないと思います。人間対人間の関係では、会話が成立します。それがとても幼い子供だとしても、痛みやストレスに対しての反応は共通しています。動物に関しての問題は、私たちと免責にサインをした飼い主は、動物が痛みや疾患に気付いておらず、患っていないと確信できないということです。これらの状況下でケースを扱うことは、取るのは、クライアントである動物のためには最善ではありません。また、獣医師が提供してくれるかもしれない有益な情報を得る機会も失ってしまいます。

Once then, again, if we intend to offer the best possible care to animals in the context of a professional practice, veterinary referral is the route recommend.

繰り返しにはなりますが、専門家の仕事としてベストで実行できるケアを提案しようとするなら、やはり獣医師の承諾を得るのが推奨される道筋です。


The personal consultation (個人コンサルテーション)

Best practice is that BFRPs should physically observe animals before attempting to select remedies for them.

最も良い実践は、BFRPはレメディを選ぼうとする前に、物理的に動物を見て観察しなければなりません。

Many owners may not see the need for the animal to be seen in person by the BFRP and are looking for speedier answers on the telephone or by email. However, without seeing the animal in person, we only get the owner’s version of the animal’s problems. Sometimes the owners perception is innocently confused and shrouded by anxiety and worry for the animal. This is analogous to the situation where doctors (all over the world) may not operate on their own family members because it is well-recognised that close attachments often bring emotional distortions. It’s also similar to what we find in human-focused Bach practice, when husbands ask BFRPs to select for wives and wives for husbands. Here too best practice is to refuse such invitations or only offer more general advice.

多くの飼い主が電話やEメールでのスピーディーな答えを求めており、実際にBFRPが動物を見る必要性がないと感じているかも知れません。しかし、実際に観察しなければ、動物の問題に対して飼い主からの視点でしか得られません。しばしばその見解は、悪意はないが混乱していて、動物に対する不安と心配で覆い隠されています。世界共通とは思いますが、これは医者が、親密な愛情のために情緒的に安定しないということで身内を手術しないという状況に似ています。また、人間に対するBFRPの実践の場合で、夫はBFRPに妻に対して選んで欲しいと言い、妻は夫にというのにも似ています。ここでもまた、ベストな対応は、これらの要求を断るか、一般的なアドバイスに止めておくことです。

As an example of why we need to see animals in person, consider what happens when an owner emails a BFRP for advice: ‘My cat is forever scratching me. She is always trying to take over and dominate things ? she hates it if I win’. Based on this information, the BFFP is likely to respond with an explanation of Vine, or perhaps Beech ? and some other remedies might come in as well.

何故動物を実際に見なければいけないか、飼い主がアドバイスを求めてメールをしてくる時に起こることを考えてみましょう。
「私の猫は、いつも私を引っ掻きます。そして常に私より優位に立ちたがり、物事を支配しようとします。私が勝つことを嫌います」。
この情報を基にレメディを考えると、BFRPはバイン、またはおそらくビーチ、そして、同様に考えられるそのほかのレメディの解釈で返答しがちです。


Now consider the alternative scenario, where the BFRP obtains vet referral and has the owner bring the cat in for a consultation so that she can see them together. During the consultation, she learns that ‘forever scratching’ actually is a distortion on the owner’s part: the cat only tries to scratch whilst she is being groomed. The scratching is a last-ditch response because the cat is fearful of being held down whilst being groomed. Most of the time, the cat is very quiet and timid and rarely interacts with the owner ? during the consultation, the cat is not seen to approach the owner and hides in her basket for the entire duration. Based on this information, the remedies indicated are quite different, and more appropriate.

そこで獣医師の承諾書を得て、実際に飼い主が猫と一緒にコンサルテーションに訪れたという別のシナリオで考えてみましょう。コンサルテーション中、「常に引っ掻く」という行動は、飼い主側の歪んだ表現であり、実際には「グルーミングをしようとするときだけ引っ掻こうとする」というとこが分かりました。猫にとってこの引っ掻くという行動は、最後の切り札であり、グルーミング時に押さえつけられることへの恐怖からでした。一日のほとんどは飼い主にもすり寄ってこない、気の小さいとても静かな猫なのです(コンサルテーション中、ずっと飼い主にも近づく気配を見せず、猫かごに入ったままであった)。これを踏まえて考えると、レメディの選択は全く違うものになり、もっと適切なものになるでしょう。

Vets are unlikely to refer to you unless they know you will see the animal in person.

獣医師も、実際に動物を直接見ようとしない人に対しては、承諾書を出そうとしないようです。


Animals and dosage (動物と用量)

Basically the dosage for animals is the same as for people ? i.e. four drops from a treatment bottle, at least four times a day. This is fine for everything from a mouse to an elephant.

基本的に動物に対しての用量は人間と同じで、トリートメントボトルから1回4滴を1日4回以上です。これは、相手がネズミであろうが象であろうが一緒です。

Sometimes, however, there are difficulties giving remedies in four standard treatment bottle doses. Your horses might live in a field miles away from your house and place of work, so giving four doses a day is difficult. And there are legitimate worries over trying to give some animals drops straight from a glass dropper ? not least the worry that they might swallow the whole thing. This is why a number of different methods have been recommended over the years, such as:

しかし、時には基準の4回与えることが困難な場合があります。あなたの馬が家や仕事場から遠方にいるかもしれず、そうすると1日4回与えることが難しいでしょう。 また、動物によっては、ガラスのスポイトから与えることに対して、特に丸ごと飲み込んでしまうということに関して当然起こる心配があります。このため、数年にわたって下記のような様々な方法が推奨されてきています。

* Adding stock bottle drops to water or food. (The normal recommendation is two drops of stock remedy in a bowl for small animals, five or six drops in a bucket for larger animals. The larger amount is just a rule of thumb designed to make sure that any size drink the animal takes from a large volume of water will contain at least a minimum dose.)
* Using plastic droppers to give remedies.
* Giving remedies externally by dripping them on the paws of cats or rabbits so that the animal will lick them off.

* ストックボトルから直接水や食べ物に落とす。(通常は、小動物ならストックボトルから2適を食器に入れ、大動物なら5〜6滴をバケツに入れます。量を多めにするのは、動物がどれだけの量を飲んでも、少なくとも最低限の必要量のレメディを取り入れてもらうためです。)
* プラスティック製のスポイトを使用する方法
* レメディを猫やウサギの足に落とし、動物自身に舐め取ってもらう方法


From a remedy point of view, whatever method you use will work as long as the animal gets at least the minimum dose of remedy each time ? i.e. the equivalent of four drops from a treatment bottle.
From an animal welfare point of view, though, there are other considerations. For example, an animal might be afraid of you or of being touched, or afraid of liquid being dropped onto it. Other animals might refuse all food and water if there is a smell of alcohol in it.

レメディを中心に考えると、どんな方法でも最低限の量(トリートメントボトルから4滴分)を取り入れることが出来ればきちんと働くとされています。
動物福祉の点から見て、別の配慮もあります。例えば、動物があなた自身を怖がっていたり、触られるのを怖がったり、はたまた液体を垂らされるのを嫌がっている場合です。また他の動物は、飲み水や食べ物に含まれているアルコールのにおいを嫌がるかも知れません。


For this reason the Natural Animal Centre, which runs Bach Centre-approved level 3 courses on animals, teaches that best practice is to give treatment bottle doses on a treat so that the process of taking remedies is stress-free and straightforward, and the animal feels more in control of it. This method offers animals more of a choice when taking remedies; putting drops into food means that the animal would have to refuse its whole food source if for any reason it didn’t want to take the remedy.

これらを踏まえて、バッチセンター公認のアニマルコースを教えているNatural Animal Centreでは、一番の方法はトリーツに1回の適正量を垂らすことを薦めており、これにより与えるときのストレスをなくし、確実で、動物にとって受け入れやすくなります。この方法では、動物には多くの選択が残されています。もし御飯に混ぜてしまうと、何らかの理由でレメディを拒否した場合は、全部の御飯を食べないことに繋がってしまうのです。


A note on sprays and pastilles(スプレーとパステル)

Dr Bach’s crisis formula is commonly sold in spray and pastille form. The spray can be useful, but the spray mechanism itself can be frightening to cats and some other animals, so spray the room before your nervous cat enters, rather than spraying once it is in the room.

バッチ博士の緊急時のレシピが、スプレータイプやパステル(グミキャンディ)の形で販売されています。スプレーはとても便利ですが、その構造自体が猫やその他の動物に恐怖を与えることがあるので、部屋の中にいる時に噴霧するよりも、神経質なあなたの猫が部屋に入ってくる前にスプレーすることをお薦めします。

The crisis pastilles sold under the brand name Rescue? Pastilles are inappropriate for animal use. They can cause a small animal to choke, and the sweetener used (xylitol) is potentially life-threatening to dogs and cats and definitely lethal to rabbits, hamsters and guinea pigs. Its effects on horses and other farm animals are currently unknown.

緊急時のグミは、レスキューパステルという名前で販売されていますが、動物に使用するには適していません。小さい動物では窒息の原因となり、甘味料として使用されているキシリトールは、猫や犬には命に関わることがあり、ウサギ、ハムスター、モルモットにおいては確実に致死となります。また馬やその他の家畜に関しての影響はまだ知られていません。


BFRPs and BFRAPs(BFRPとBFRAP)

The letters 'BFRP' (Bach Foundation Registered Practitioner) and 'BFRAP' (Bach Foundation Registered Animal Practitioner) are trade marks or registered trade marks belonging to the Bach Centre. They may only be used by registered practitioners who are listed in the relevant part of the Bach Foundation International Register.

バッチ財団登録プラクティショナーBFRP (Bach Foundation Registered Practitioner) とバッチ財団登録アニマルプラクティショナーBFRAP (Bach Foundation Registered Animal Practitioner)の表記は、バッチセンターの商標として登録されています。バッチ財団国際登録のそれぞれの関連部分に記載されている登録プラクティショナーのみに使用が許可されています。

The usual route to becoming a BFRP is to complete a ‘human-facing’ Bach Centre-approved level 3 course. If you qualify via this route you will automatically go onto the BFRP part of the Register and can use the letters ‘BFRP’ after your name.

BFRPになるためには通常、対面式のバッチセンター認定のレベル3のコースを修了します。もしこの方法で資格を与えられると、自動的にBFRPの登録となり、名前の後にBFRPの使用も許可されるでしょう。

The usual route to becoming a BFRAP is to complete the Bach Centre-approved level 3 course run by the Natural Animal Centre, which specialises in the treatment of animals. Once on this part of the register you may use the letters ‘BFRAP’ after your name.

BFRAPになる為は、通常Natural Animal Centreが行っている動物を専門とするバッチセンター認定のレベル3を修了することになります。そして登録すると、BFRAPの使用を許可され、称号を名前の後に付けることが出来ます。


BFRAP status may also be granted to existing BFRPs who demonstrate to the Bach Centre that they have additional high-level qualifications in animal medicine or behaviour. Similarly, existing BFRAPs who want to be listed on the BFRP part of the register need to demonstrate to the Centre that they have specialist training in counselling and consultation skills. One way to obtain the additional qualifications needed is to complete the appropriate level 3 course. For example, a BFRP with no specialist training in animal care could complete the NAC Bach level 3 and in this way qualify for the BFRAP list.

BFRAPは、BFRPが高レベルの獣医療や行動学の資格を有することをバッチセンターに申請することによって得られる方法もあります。同様に、BFRAPがBFRPとしてリストに記載をしてもらいたいとき、十分なコンサルテーションやカウンセリングのスキルを提示することによっても得られることがあります。追加資格を取得する1つの方法は、それぞれの適切なレベル3のコースを修了するということです。例えば、BFRPではあるが動物に関して専門的なトレーニングを受けていない場合、NACが行っているレベル3を修了すればそのリストに掲載してもらうことが出来ます。

Because the Bach system is simple and can do no harm, and because our primary role is to teach a self-help system, BFRPs may help animals in a professional context, and BFRAPs may help people. However, under clause 2.7 of the Code of Practice the Bach Centre will give preferential consideration to BFRAPs when referring animal cases. In the same way, Bach Centre referrals for human clients will go to BFRPs.

バッチシステムがシンプルであり無害に使うことができるため、そして第一のルールが自助システム(セルフヘルプ)を教えるということなので、BFRPが専門的な状況で動物を助け、BFRAPが人間を助けるということもあります。しかし業務規定の条項2.7に記載されている通り、バッチセンターは動物に関しては出来る限りBFRAPを紹介します。同様に、人間のケースには極力BFRPを紹介します。

Under clause 4.5 of the Code of Practice, human-focused BFRPs should decline animal cases that exceed their competence. Similarly, BFRAPs should be aware of the limits to their competence when it comes to helping people with the remedies. This may mean declining to treat owners and referring on as appropriate.

業務規定の条項4.5から、人間専門のBFRPが動物に関して自分の許容範囲を超えた場合、辞退するべきとなっています。同様に、BFRAPもレメディに関しての自分自身の対人能力の限界を知るべきでしょう。これは、飼い主に対してはレメディを出さず、他を紹介するなど適切な行動をとることを意味します。
The Code of Practice and Bach Centre practitioner guidelines apply equally to BFRPs and BFRAPs.
業務規定とバッチセンタープラクティショナーガイドラインは、BFRPとBFRAP両方に適用されます。


Guidelines summary (ガイドラインの要約)

Here is a list of the main points to consider when working with animals. Some are self-evident and don’t need further explanation; others are treated more fully in the main text.

ここに動物の取り扱いに関して主な事項をまとめたリストを用意しました。幾つかは自明な事柄であり、説明を省いてありますが、それ以外は文中にて説明をしてあります。

* Keep the welfare of the animal uppermost in your mind at all times.
 常に動物の福祉を最重要事項として心の中に持ち続ける。

* Restrict informal advice on remedies and animals to general points designed to teach owners about the remedies.
 レメディや動物に対する非公式なアドバイスを、レメディについて飼い主に教えるつもりの一般的な程度にとどめる。

* Only take on cases professionally under vet referral.
 獣医師の承諾のもと、プロとしてクライアントをとる。

* Refer cases that exceed your competence to more competent people (BFRAPs, professional behaviourists, vets etc.)
 自分自身の許容範囲を超えるケースは、他のBFRAP、行動学者や獣医師などの相応の人々に委ねる。

* Physically observe your animal clients before attempting to select remedies.
 レメディを選択しようとする前には、物理的に動物を観察する。

* Confine your professional Bach work with animals to commenting on and selecting remedies for the animal's perceived emotional state and personality.
 動物についてのあなたのプロフェッショナルなバッチの仕事を、動物から読みとれる性格と感情状態に対してレメディを選択することについて意見を述べることに、限定してください。

* Ask basic questions about the animal’s species and natural behaviour in order to form a view of its emotional state.
 感情状態を把握するために、動物の種やその自然な行動について基本的な質問をしてください。

* Be considerate of owners’ feelings towards their animals and recognise that problems experienced by animals can be equally distressing for the humans involved.
 飼い主の動物に対する感情に思いやりを持ち、動物が経験してきた問題は、同じように関係する人間をも苦しませているかもしれないということを理解してあげてください。

* Seek to work within any limits set by a referring veterinary surgeon and fully inform him or her of the animal's progress if asked so to do.
 担当獣医師の定めた限度の範囲のなかで仕事をし、獣医師の希望があった場合は動物の状況を十分報告してください。

* Be aware of and responsible for your own safety at all times and take steps to ensure your personal safety is not compromised.
 常に自分の安全に注意し、責任をもち、あなたの個人の安全が保障されるように段階を踏むことについては、妥協しないでください。

* Be aware too of the safety needs of animals, owners and members of the public.
 動物、飼い主、そして社会への安全にも心がけてください。

* Inform clients and referring veterinary surgeons in writing if you feel the safety of the animal or its owner or of the public is at risk.
 もし動物、飼い主、社会に対して危険が及ぶと感じた場合は、クライアントと担当獣医師に書面にて報告してください。

* Under no circumstances recommend euthanasia or re-homing without referring the case back to the referring veterinary surgeon.
 担当獣医師に報告なしに、絶対に安楽死と里親の推薦をしてはいけません。

* Make reasonable efforts to be aware of changes in the law and current best practice regarding the treatment and behaviour of animals and advise owners accordingly.
 治療や動物の行動やそれに準じて飼い主へのアドバイスに関する法律や、最新のベストの実践法の変化にできるかぎり注意を払ってください。

* Don’t give remedy pastilles to animals; be cautious with remedy sprays.
 レメディパステルは動物に与えてはならず、スプレーに関しては十分注意してください。

* The best way to give remedies to animals is on a treat, and the amount to give is the same as with people.
 動物にレメディを与える場合の一番良い方法は、トリーツ(おやつ)上に落とす方法で、使用量は人間と同じです。


Bach Centre-approved courses on working with animals
(バッチセンター認定アニマル専門コース)


If you want to work with animals we strongly recommend that you attend the Bach Centre-approved courses on this subject. Courses are provided by the Natural Animal Centre in the UK, and NAC courses are hosted from time to time in other countries. Details appear regularly in copies of the practitioner bulletin; or contact the NAC direct.

もし真剣に動物との仕事を考えている場合、バッチセンター認定のコースに参加することを強く薦めます。コースは英国のNACにより企画・運営されており、海外でも行われています。詳細に関しては、定期的にプラクティショナーニュースレターにも掲載されていますし、直接NACに連絡しても得られます。


Disclaimer(免責)

These guidelines are solely for the use of BFRPs and BFRAPs. While they are provided in good faith, they do not constitute legal advice, and the Bach Centre makes no claim or guarantee regarding the accuracy of this information.

これらのガイドラインは単にBFRPとBFRAPの使用のためのものです。これらは確かな信念のもとに提供される一方、法律的な助言ではなく、バッチセンターはこれらの情報の正確さに関して断言や保証をするものではありません。

No responsibility is taken by the authors or by the Bach Centre, or any of its agents, partners, associates or officers for any act or omission that results from following these guidelines. In line with clauses 8.1, 8.2 and 8.3 of the Code of Practice, BFRPs are responsible for their own actions at all times.

著者、バッチセンター、代理店、パートナーや関係者、同僚、役員は、がこのガイドラインに従った結果生じるいかなる不作為や行為に対して、責任を負うものではありません。行動規約の8.1、8.2と8.3の条項にもとづいて、BFRPはいかなる時も自分自身の行動に責任を負わなければなりません。


Acknowledgements(謝辞)


Our thanks to the BFRPs, BFRAPs and students whose questions, objections and comments have helped us refine this document. Parts of the text were written by the Natural Animal Centre and parts by the Bach Centre. Copyright remains with the originating organisation.

BFRP、BFRAPと生徒達からの多くの質問や意見、コメントがあり、この文書を見直すことができたこと感謝を致します。一部はNatural Animal Centreが書き、その他の部分をバッチセンターが書きました。そしてこれらの著作権は、著作を行ったそれらの組織に属します。

 



画像・情報等の無断転載・使用はご遠慮下さい。   Copyright バッチホリスティック研究会 All rights reserved.